【無料の学習プリント】小学5年生の算数ドリル_図形の面積2

5年生・算数ドリル5年生, 算数, 面積

今回のプリントは、「小学5年生の算数ドリル_図形の面積2」です。
全国統一小学生テストが返却されました。
算数では、図形の問題がやはり弱いという結果でした。とりあえず大問1、2は全問正解で計算問題はクリアしてます。
大問3からの簡単な図形の問題で点が取れてないのが残念でしたが、図形の問題を見直すという課題をあたえられた感じですね。

5年生 算数ドリル41 図形の面積2

サンプル問題です。問題PDFは全3ページ分。
下記よりDLしてください。

等積変形

三角形はどのような形であっても、「底辺と高さが同じ」なら「面積が同じ」になります。
これを「等積変形」といいます。
これは面積の問題を解いていく上で基本となる考えかたで、覚えておかないといけないものです。
理由は「等積変形ができるように補助線を引く」ことが、「出題者の意図」になっていることがあるからです。
台形の場合、対角線を引いてできた「下底を同じとする三角形」は「等積変形」になっていて、「同じ面積」といえます。
どういうことかというと、「同じ面積」なんだから「わざわざ計算する必要ないよね?」という前提のもと、数値が示されていない問題が出題されてくるというわけです。
「三角形Aの面積は計算できないけど、面積がわかっている三角形Bの等積変形だから、三角形Aは三角形Bと同じ面積」
という「理屈」のもとで、問題を解いてくことが必要になります。

では、また。

問題PDFはこちら

解答PDFはこちら

Posted by みそぱぱ