【無料の学習プリント】小学2年生の算数ドリル_文章問題4

2020年5月14日2年生・算数ドリル2年生, 文章問題, 算数

今回のプリントは、「小学2年生の算数ドリル_文章問題4」です。
小学2年生の算数ドリル_文章問題3」の続きです。
今回も「文章問題3」と同様に、2年生の難しい問題として出されたり、3年生の問題とされたりしているものになります。
そして今回が文章問題の最終問題となります。

2年生 算数ドリル46 文章問題4
サンプル問題です。問題PDFは全3ページ分。
下記よりDLしてください。

文章を図にしていく

文章問題は数字だけで考えるよりも、図にして考えた方がわかりやすいことが多いです。
簡易的なメモのようなものでいいので、空いているスペースにかくように教えてあげてください。
図をかくことは、この先の算数でも多くなってきます。
2年生でもある程度は、「文章を図にする」練習は必要だと思います。
図にかかなくても、頭の中で「これはどういう問題なのか」を理解するために、「文章を図に変換」することは必要です。
文章を「これはどういうことか」と「数的に再構築」するには、「文章」を直接「数字」にするより、「視覚的なもの」を挟んでからの方が「わかりやすい」と思います。
この先、算数での文章問題の頻度と重要性は上がっていきます。
算数での「文章を読み解く力」は、国語の「それ」とはちがうものです。
算数では「誰かの気持ち」や「なぜそうしたのか」などは問われません。
「誰が何をどうした」とか「その結果どうなった」とか、「事象」を「数値化」して考えることが問われます。
この、「何が」、「どうして」、「その結果どうなった」は、「図」に変換できることが多くあります。
そして、「図」にした方が「わかりやすい」ことも多いです。
算数には、「できるだけわかりやすくして考える」という基本があります。
「図」をかいて考えることは、算数では「よいこと」なんです。
わからないなら「図」をかいてみる。
計算が複雑だと思うなら、「筆算」でやる。
これらはとても重要なことなので、ちゃんと教えてあげてもらえたらと思います。

では、また。

問題PDFはこちら

解答PDFはこちら

Posted by みそぱぱ