【無料の学習プリント】小学1年生の算数ドリル_学力テスト3

1年生・算数ドリル1年生, テスト, 算数

今回のプリントは、「小学1年生の算数ドリル_学力テスト3」です。
小学1年生の算数ドリル_学力テスト2」の続きです。
まずはたし算、ひき算の計算を間違えないでできるようになること。1年生はこれが第一です。
と言うことで学力テストの各プリントの最初は計算問題から始まっています。一応、時間は提示していますが、早くやって間違えてばかりでは意味ありません。時間内にやりきることよりも、まずは間違えないで答えが出せるようになることを優先させてください。

1年生 算数ドリル40 学力テスト3
サンプル問題です。問題PDFは全3ページ分。
下記よりDLしてください。

もうすぐハロウィンですね

私のリアルタイムでは、今は10月中旬です。
スーパーでもハロウィンのお菓子が、残り少なくってきている感じの時期です。
今年はコロナのせいで変則的な「学校生活」ですけど、それでも「学年の半分以上」が終わったことになります。
私的な見解ですが、「コロナ自粛とかいわれ始めた時に考えていたよりも、世間の状況は想像以上に悪くなっている」と思います。
これまでになかった状態で「どうすればいいのかわからない」というのもあるんでしょし、そもそも「この状況」が「上手くいった結果」という可能性だってあって、私みたいな一般市民には「解答」を提示することはできません。
でもいろいろなことで「子どもたちに負担をかけている」というのは、私みたいな一般市民でもわかることで、「旅行の補助金が」とか「外食の補助金が」とかいう前に、国には「子どもたちの学校生活や学習の環境作り」を優先してあげてほしいと思います。
「経済を回さないといけない」なんて、そんなのはわかっています。
でも旅行って、「国を挙げてしないといけないこと」ですか?
旅行したい人は、バンバンしてほしいと思います。
外食だってそうです。お店が開いているんだったら行きたい人は行けばいいし、美味しい料理を食べて幸せな気分になればいいと思います。
それは「批難」されることじゃないし、むしろ「良いこと」でしょう?
でも、それでも、「そんなことに税金を使ってほしくない」と、私は思うわけです。※個人の見解です。
子どもたちが「学ぶための環境」を作ることに、「お金」を使ってほしいと思うわけです。※個人の見解です。
そして今年のハロウィンは、渋谷は混雑しないんじゃないかな? と思うわけです。※個人の見解です。

では、また。

問題PDFはこちら

解答PDFはこちら

Posted by みそぱぱ