【無料の学習プリント】小学5年生の算数ドリル_小数のかけ算

2021年5月14日5年生・算数ドリル5年生, 小数, 算数

今回のプリントは、「小学5年生の算数ドリル_小数のかけ算」です。
小学5年生の算数ドリル_小数1」、「小学5年生の算数ドリル_小数2」では、4年生のおさらいをしました。
今回はかけ算になります。4年生では小数×整数のかけ算を習いましたが、5年生は小数×小数の問題が出題されます。4年生の復習をしたい方は、下記にリンクをつけておきました。

5年生 算数ドリル16 小数のかけ算
サンプル問題です。問題PDFは全4ページ分。
下記よりDLしてください。

「小数」でも「計算は工夫」できる

小数のかけ算でも、計算のきまりは整数と同じです。
○×□=□×○
(○×□)×△=○×(□×△)
(○+□)×△=(○×△)+(□×△)
これらのきまりを利用することで、計算を簡単にすることができます。
小数の問題では、この「きまりを使って簡単にしてから計算する」ことを想定した設問が多く出されることになると思います。
「0.457×0.05+0.543×0.05」
なんて問題がそうです。
これは
「(0.457+0.543)×0.05」
と変換でき、
「1×0.05」
と簡単にして計算できます。
○×△+□×△=(○+□)×△
です。
このように「○×△+□×△」のような形の問題は、「(○+□)×△」にして計算すれば簡単に解けるという設問が、意図的に出題されるというわけです。
全てが「簡単に工夫できる」わけじゃないですけど、「計算は工夫して簡単にできる」ということを「小数の計算」でも忘れないでほしいです。

問題PDFはこちら

解答PDFはこちら

Posted by みそぱぱ